HD-CUBE
 ME-Master
 CMS
Hoping logo
「HD-CUBE」とiPadで、より分かりやすく、スムーズに

 「HD-CUBE」はiPadとの連携実績もございます。

 手軽に持ち歩け、PDF等の文書も画像もきれいな画面で簡単に閲覧出来るツールとして、
 iPadをはじめとするタブレット端末は近年医療現場でも大いに活用の場を広げているようです。
 患者に治療方針を説明する上でも、ただ口頭で説明するだけ、ただ数値を並べるだけでなく、
 自分の病状を視覚情報として認識することにより、患者の治療への理解はより深まります。
 そしてそれは、患者だけでなくスタッフにおいても同じことなのです。

 手元にある端末で正確な患者の総合情報を確認し、データを得たらその場で記録。
 それはネットワークを介して即座に他のスタッフにも確認可能な状態となります。
 治療の変更や連絡事項も、メモに書くより確実に伝わります。
 弊社透析管理システム「HD-CUBE」の導入で、業務をより円滑に進めてみませんか?



・透析日、ベッドから患者を選ぶので現場で使いやすい

患者一覧 透析総合情報

 透析日、時間を選ぶことで、その時間帯に透析を行う患者を一覧で見ることが出来ます。
 患者を選択するとより詳細な情報が表示され、連絡事項や指示も確認することが出来ます。
 過去のデータも履歴から閲覧できるため、資料を取りに行く必要がありません。



・患者の状態をリアルタイムに入力可能

バイタル入力 経時記録

 左はバイタル入力画面、右は経時記録の入力画面です。
 (どちらも、患者の詳細情報を見ながら入力することも可能です)
 いずれも簡単な操作でデータを登録、閲覧、編集することが可能です。
 もちろん、こちらで入力したデータは他端末のHD-CUBEにも共有されるため、
 即座に他のスタッフに情報伝達が可能となり、業務全体の効率化に繋がります。